どうしても我慢できない。。。

皆様こんばんわ。

水曜日のblog担当こと麻生こと侑佑こと

麻生侑佑です。

特になんでもない自己紹介なんですが

なんかそのままやったら味気ないと思ってしまって

自己紹介でスペースを無駄使いしている

という話をしながら反省していますなんて思っているんですが実はそれが一番無駄使いしている

というこのジレンマを抱えながら

blogを書いている麻生こと侑佑こと

麻生侑佑です。

なんていうてまた無駄なことを言っているわたくし。

9月のPEAR+Lはblog強化月間!

それぞれテーマがありまして、テーマにそったblogを書いてお客様に情報を発信していこう!

そういう月間になっているんです。

そんな中。。。

どうしても我慢できない。。。

前回と前々回のblogは

しっかり『大人の派手カラー』ということで

大人世代におすすめな

大人の派手カラーというものをご紹介させていただいたのですが、、、

今週は、、、

640もうテネットが面白すぎたという話がしたくて仕方ない。

いやもう。ほんとに。

もう斬新が過ぎてたまんなかったんす。

主人公はある組織にスカウトされて第三次世界大戦を止めるべく世界をまたにかけるスパイになるんですね

大筋はもう王道なスパイアクションなんですが

この映画に登場する主人公はじめ、悪役、仲間、、、

みんなね

時を逆行するんす。

ここですごく面白いポイントが

タイムスリップやタイムリープではなくて

『時を逆行』するということなんす

この世界では時をさかのぼる機構が開発されているんですけども

その機構は時を越えるわけではなく

1分さかのぼるなら1分かけてさかのぼるんすよ

だからつまり主人公の時間軸に突然逆再生みたいな動きをする敵が出てくるわけなんす

そうなんす彼らは時を越えずに

1分を1分かけてさかのぼってくるんす

もうこの発想がとにかく斬新で

そしてその映像がまぁとにかく斬新で

なんにしても全てが新しすぎる映画体験

再生と逆再生とが入り乱れる戦闘シーンやカーチェイス

今から何かが起きるわけではなく

起こったことを結果からさかのぼっていく過程

いやもうワケわからんのですが

めちゃくちゃおもろいんす!

もうとにかくこれはスクリーンで一度は観てほしい傑作だったと思います!

大人の派手カラー

ではない

大人の派手映画

END

BACK